ランクルプラドのエンジンオイルに関する事を徹底解説

一括査定にこんなお悩み持ってませんか?

下取でいろんな会社に査定してもらって
一番高い会社に売る事が一番安く買える事は
皆さんも分かっている通りです。

ですが
「いろんな業者から連絡がきて対応が面倒」
「携帯番号をいろんな業者に知られたくない」

などの理由で一括査定サイトでの査定を
していない方は非常に多いです。

今回のUcarPACの査定はUcarPACからの
電話しかきません

いろんな業者からの連絡がくることは
ありません。

ステップ1
UcarPACのサイトから車両・お客様情報を入れます。

ステップ2
入力後概算価格を表示します。

ステップ3
UcarPACからのご連絡がきます。
査定日などを曜日を決めます。

ステップ4
お近くの提携店舗での査定になります。
査定は1度だけです。

ステップ5
査定をもとのUcarPACネットワーク内に
各業者が査定価格を提示してくれます。
一番高い値段で売る事ができます。

エンジンオイルは、エンジン内部の潤滑を目的とした潤滑油で現在のエンジンを正常に動作するには欠く事ができない重要なアイテムです。

エンジンオイルをメンテナンスすることは、エンジンをいつまでも稼働させるために非常に重要なことです。

 定期的な交換をすることにより、エンジンがスムーズに作動して、燃費の向上や環境への配慮にもつながります。

オイル交換をする時は、定期的にオイルフィルターも交換してください。

というわけで、今回は「ランクルプラド」に乗り続けるために気になる「エンジンオイル」に関することを徹底解説してみたいと思います。

スポンサードリンク

ランクルプラドエンジンオイル交換時期・フィルター交換時期

「ランクルプラド」を長期間良好な状態に保つためには、定期的にオイルを交換する必要があります。

「ランクルプラド」には、ガソリンモデルとクリーンディーゼルモデルの2種類のエンジンがあるので、それぞれのオイル交換のタイミングを見てみましょう。

ガソリン車

通常、ガソリンモデルのオイルは約1年で交換するのが一般的です。

ディーラーで12ヶ月の法定点検の時に一緒にしてもらう方が多いと思います。

エンジンオイルに関して、シビアコンディションである場合には、標準的なオイル交換メンテナンスサイクルの約2分の1が目安になります。

車種 標準交換時期 シビアコンディション
ガソリン車(徐:ターボ車) 15,000km、または1年 7,500km、または6ヶ月
ガソリンターボ車 5,000km、または6ヶ月 2,500km、または3ヶ月

ディーゼル車

クリーンディーゼルモデルは、ガソリンモデルに比べて、オイル交換時期に幅が設けられています。

ディーゼルエンジンは、燃料として使用される軽油を燃焼すると、ススなどの多くの汚れ成分を生成します。

このため、ガソリンエンジンよりも徹底した点検を行い、エンジンオイルの補充や交換を早い時期に行うことを推奨しています。

車種 標準交換時期 シビアコンディション
ディーゼル車 5,000km~20,000km、または半年~1年ごと 2,500km~10,000km、または3ヶ月~1年ごと

※シビアコンディションとは:

クルマに付属する取扱説明書やメンテナンスノート(整備手帳)を見ると、ノーマルコンディションと呼ばれる一般的な使われ方より厳しい使用とされるのが、シビアコンディションとされている。

 また、国交省の資料説明では、「標準的な使われ方より厳しい条件で使用された場合のこと。」と表記されていました。

尚、具体的な「シビアコンディション」と呼ばれる条件は以下の通り。

「シビアコンディション」と呼ばれる条件 (例 トヨタ)

 ・悪路(凹凸路、砂利道、雪道、未舗装路)での走行が走行距離の30%以上ある

具体的には運転者が体に突き上げなどの衝撃を感じる荒れた路面、石を跳ね上げたり、わだち等により下廻りが当たる機会が多い路面、ホコリの多い路面

 ・走行距離が多い

目安としては年2km以上

 ・山道、登坂路の頻繁な走行

具体的には上り下りが多く、ブレーキの使用回数が多い場合。目安としては走行距離の30%以上。

 ・短距距離走行の繰り返し

1回の走行距離が短く、水温などの各部の温度が低い状態での走行が多い走り方をする場合。目安としては1回あたりの走行距離が8km以下

 ・長時間のアイドリングが多い

目安としては1日のアイドリングでの累積時間が2時間程度

 1回の運転で低速での走行頻度が多い(ディーゼル車は除く)

目安としては1日で10~15km/hでの走行距離が30km程度ある

・高地走行が多い(ディーゼル車のみ)

標高2000m以上の高地での走行頻度が多い場合。目安としては走行距離の30%以上。

スポンサードリンク

オイルフィルターの交換時時期

エンジンオイルの交換に気を付けても、オイルフィルターの交換は忘れがちです。

エンジンオイルの汚れはオイルゲージなどで簡単にチェックできますが、オイルフィルターは簡単ではないので汚れ具合のチェックが難しい。

 オイルフィルターを交換するときは、オイルを2回交換するごとにオイルフィルターを交換するのが理想です。

スポンサードリンク

オススメのエンジンオイル粘度・量は?

エンジンオイルには非常に多くの種類がありますが、その車に適合したエンジンオイルを選ぶ必要があります。

「ランクルプラド」ガソリンモデルには「0W-20」、クリーンディーゼルモデルには「0W-30」がそれぞれ設定されています。

ガソリンモデルに採用されている「0W-20」のエンジンオイルは省燃費性が抜群ですが、少し割高感があるようです。

そのため、純正の「0W-20」よりも安い「5W-30」というやや固いエンジンオイルを使用する方も多いようです。

また、「ランクルプラド」に搭載されるクリーンディーゼルエンジンには、DPF再生対応のディーゼルオイルを使用する必要があります。

特別な理由がない限り、トヨタ純正として販売されている「キャッスルディーゼルDL-1」を選択しておけば支障はないでしょう。

ガソリン車オイル

 

 

ディーゼル車オイル

 

オイル交換時の費用は?

「ランクルプラド」のオイル交換時の費用は、ディーラーやショップによって異なりますが、相場は工賃込みで1万〜15000円程度のようです。

使用するオイルの種類により価格は変わりますが、エンジンオイルボトルキープ等を活用することで、オイル交換費用を削減できます。

 また、ガソリンモデルとクリーンディーゼルモデルで、オイル交換に必要なオイルの量が異なります。

具体的には、ガソリンモデルが「5.9L」、クリーンディーゼルモデルが「7.7L」です。

まとめ

  • エンジンオイルの定期的な交換はエンジンの保護と安全走行に欠かすことができない重要なメンテナンス。
  • ガソリンモデルのオイルは約1年で交換。ディーゼルモデルはガソリンモデルよりは頻繁に行う。
  • シビアコンディションでは、ノーマルコンディションの約2分の1がオイル交換の目安!
  • オイルフィルターは、オイル交換2回につき1回が基本!
  • オイルフィルターは、オイル交換2回につき1回が基本!
  • ガソリンモデル用規格は「0W-20」、クリーンディーゼルモデルは「0W-30」。
  • オイル交換費用の相場は工賃込みで1万〜15000円程度。
  • オイルの量はガソリンモデルが「5.9L」、クリーンディーゼルモデルが「7.7L」。

新車ランドクルーザーが値引き額からさらに50万円安くなる方法とは!?

新車でランドクルーザーが欲しい!!

ランドクルーザー憧れますまよね。

新車でランドクルーザーが欲しい。

でも実際は…

  • 新車は値段が高い…
  • 頭金なしで購入したい…
  • 予算オーバーだ…

などなど、悩みは尽きないです。

友人に車の相談をしても
「ランクルは高いから無理だよ」
など相談には乗ってくれない。

親に相談しても
「そんな高い車いらない」
といわれるだけ…

周りには誰も相談する人がいない。

でもどうしても諦めきれない。

そんなん方に安く購入できる裏技を教えます。

下年取りより買取‼

私は8年物の車に乗っていました。

車を買い替えようとディーラーに行き
欲しい車があり見積もりを取りました。

見積もりを取り値引き交渉していたら、
「今乗られている車は下取りしますか?」
と聞かれ
「下取りします」
と答えると、
「他社の車からの乗り換えなので
10万円の所を20万円で下取りしますよ」
と言われました。

値引き額はこの時点で、
30万円程値引きされていました。

ですが、理想の価格にはならず
とりあえず見積もりをもらい
一旦帰る事にしました。

どうしても、もう少し安くできないか
調べていると、あるサイトを発見。

実際にその通りにやってみると
なんと、70万円も安くなったんです。

もちろんグレードは変えていません。

この裏技は、誰でも簡単にできる裏技です。

その裏ワザをご紹介します。